コルバック HOMEへ
 HOME > 業務案内 > 代表業務
− 鬼怒川ダム管理システム検討業務 −
(写真・図等) 平成14年度受注業務
発注者:鬼怒川ダム統合管理事務所
<概 要>
この業務は、鬼怒川にある3つのダムで高水管理や低水管理を行うにあたって、ダム貯水容量を有効に活用して、効果的に実施することを目的としたものです。
平成14年の実施内容は、次のとおりです。
水管理・・・新仕様のダム流入量算定方法の検討、五十里ダム新ゲートによる洪水調節制御基準検討等によるダムコンにおけるゲート操作基準設定、上流域の氾濫解析。
低水管理・・・渇水時における節水基準の検討。
連携操作の検討・・・高水では川俣、川治ダム(縦列関係)、低水では五十里、川治ダム(並列関係)の効果的洪水調節方式を検討。
ダム再開発 ダム再編成へ戻る
− 黒部川有機物調査業務委託 −
平成14年度受注業務
発注者:黒部工事事務所

<概 要>
この業務は、出し平ダム(関西電力)と宇奈月ダムの連携排砂時に、現地調査、水質分析(濁度、COD、BODなど)を行うものです。
毎年調査を実施することにより、黒部川における土砂(微細土砂)や有機物の動態が少しずつ解明されてきました。連携排砂の水質状況は、過去の単独排砂と比較すると、良好であることが分かりました。
(写真・図等)
ダム堆砂・ダム水環境改善へ戻る
− 富士砂防管内総合土砂管理検討業務 −
(写真・図等) 平成14年度受注業務
発注者:富士砂防工事事務所

<概 要>
この業務は、大沢源頭部から田子の浦港までの流砂系全体を対象に、水・土砂による諸問題を明らかにし、より広い視野・長い時間軸から現象を眺め、バランスよい管理・制御を行っていくための「総合土砂管理計画」を検討するものです。
これまでに、雨量・流量などの水文解析、既往データの整理を行い、大きな出水の際は現地でモニタリング調査を実施し、水・土砂に関わる様々な現地データを蓄積し始めました。今後はもっと「流砂」の実態を解明するべく、浮遊砂および掃流砂のモニタリング(岩樋、大沢扇状地、大沢川橋地点)や、浮遊砂の水深方向サンプリング(星山地点、前田橋)、掃流砂の時間分布把握(大沢川橋)などに積極的に取り組んでいます。
砂防 総合土砂管理へ戻る
このページのトップへ